※この記事は、2017年11月16日に掲載した記事に加筆修正したものです。


当協議会では、2017年11月に選定する「見どころ」(これまで「ジオサイト」と呼んでいた場所)の見直しを行いました。

これは、日本ジオパークがユネスコの正式事業になったことに伴い、「ジオサイト」という言葉の定義が世界ジオパークの基準に合わせられたことによる変更です。


2017年9月に行われた日本ジオパークネットワークの会議において、「地質・地形サイトを「ジオサイト」と呼び、そのほかの見どころは「自然サイト」・「文化サイト」に分ける」と決まりました。


天草ジオパークでは、これまで60か所を選定していましたが、この会議の結果を受け、全体の「見どころ」を54か所に見直しました。

54か所の内訳は、「ジオサイト」26か所、「自然サイト」12か所、「文化サイト」16か所です。

天草ジオパーク「見どころ」一覧(PDF)

天草ジオパーク「見どころ」マップ(PDF)※パンフレット3~4ページ


今回の変更により、名称や場所が変更になった「見どころ」や、追加・廃止した「見どころ」がありますが、このウェブサイトのほかのページ(グーグルマップや各ジオサイトの紹介など)には、まだ反映していません。

また、本来「見どころ」と表記すべき文章が、「ジオサイト」のままになっている場合もあります。

ウェブサイトの内容は順次修正を行い、情報を更新したときは随時お知らせします。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちいただきますようお願いします。

ご不明な点は、当協議会までお問い合わせください。

2018年04月04日更新