豊富で多種多様な化石

「恐竜の島」、「化石の島」と呼ばれている御所浦町(ごしょうらまち)の島々をはじめ、天草地域には白亜紀と古第三紀に堆積した地層から豊富で多種多様な化石が産出しています。

化石について解説します

古い時代の生き物や貝などの死がいは、海や川の底に沈んで砂や泥が堆積します。その上に新しい時代の生き物や貝などの死がいが堆積して、古い死がいは重みで押し固められて化石となります。さらに、地殻変動などによって海や川だったところが陸地になり、埋もれた化石の発見につながるのです。
ゆしまそうのかせきとげんぶがんの写真

(2)湯島層の化石と玄武岩(ゆしまそうのかせきとげんぶがん)

湯島では、約100万年前の浅い海で堆積した湯島層と、島の中央部の高台をつくる約82万年前に噴出した玄武岩が見られます。湯島層からは内湾に生息する生き物の化石が産出します。玄武岩の風化した土壌からなる高台では「湯島だいこん」が生産されています。
【所在地】上天草市大矢野町
【天草誕生のストーリー】第3章
せんがんざんかいかせきみっしゅうそうの写真

(4)千巌山貝化石密集層(せんがんざんかいかせきみっしゅうそう)

主に陸地で堆積した赤崎層から、浅海域の地層・白岳層(しらたけそう)に移り変わる地層が見られます。海と河川の水が混じり合う汽水(きすい)域とよばれる場所に堆積し、汽水域の二枚貝化石や、浅海域の巻貝化石の密集層を観察できます。
【所在地】上天草市松島町
【天草誕生のストーリー】第2章
たかどのはくあきかせきの写真

(5)高戸の白亜紀化石(たかどのはくあきかせき)

海水浴場脇に露出している姫浦層群(ひめのうらそうぐん)樋の島層(ひのしまそう)からは、貝類とアンモナイト類化石が多く産出。海岸の露頭や石の中に化石を見つけることができます。注意深く見てみると、サメの歯化石が見られることもあります。
【所在地】上天草市龍ヶ岳町
【天草誕生のストーリー】第1章
くぐしまのあんもないとさんちの写真

(6)椚島のアンモナイト産地(くぐしまのあんもないとさんち)

姫浦層群(ひめのうらそうぐん)の中でも、最もアンモナイト化石を産出するスポット。(※)黒色頁岩(こくしょくけつがん)にアンモナイトや(※)イノセラムスなどの軟体動物、またサメの歯などの魚類化石が見られることで知られています。 ※黒色頁岩:堆積した面に沿って薄く割れやすい性質をもった泥岩のこと。
※イノセラムス:白亜紀に生息していた二枚貝の一種。
【所在地】上天草市龍ヶ岳町
【天草誕生のストーリー】第1章
とおみやまかせきそうの写真

(9)遠見山化石層(とおみやまかせきそう)

牛深(うしぶか)地域の教良木層(きょうらぎそう)には貝類化石の密集層が見られます。この貝類化石は約4,700万年前のもので、かつては「遠見山化石帯」と呼ばれていました。この化石密集層を観察できる場所は少なく、貴重な露頭となっています。
【所在地】天草市牛深町
【天草誕生のストーリー】第2章
あんもないとかんの写真

(12)アンモナイト館(あんもないとかん)

直径60cmもある巨大アンモナイトが、まるで海底に横たわっているように展示。そのサイズは九州最大と推定されています。また、展示館の周辺は希少な植物や昆虫の生息場であり、これらを観察することができます。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
べんてんじまのきょうりゅうあしあとかせきはっけんちの写真

(13)弁天島の恐竜足跡化石発見地(べんてんじまのきょうりゅうあしあとかせきはっけんち)

平成9年5月、九州で初めてとなる恐竜の足跡化石が、無人島の弁天島で発見されました。その大きさは38cmで、5m前後の肉食恐竜のものと考えられています。現在、実物は御所浦(ごしょうら)地区コミュニティセンターに展示しており、現地には足跡化石を型取りした複製を設置しています。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
きょうどまりのきょうりゅうかせきはっけんちの写真

(14)京泊の恐竜化石発見地(きょうどまりのきょうりゅうかせきはっけんち)

天草で最初に恐竜化石が見つかった場所です。平成9年3月、当時の御所浦町(ごしょうらまち)から依頼を受けた高知大学のグループが、植物食恐竜の足のスネ部分の化石を発見しました。現在でも、小さな骨化石を現地で見ることができます。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
さいせきじょうあとちのだんそうとかせきそうの写真

(15)採石場跡地の断層と化石層(さいせきじょうあとちのだんそうとかせきそう)

約1億年前の浅い海でできた地層が採石によって崖となった場所です。地層からは当時生息していた貝類などの海の生き物の化石が見つかります。この崖を海上から見ると、断層により地層がずれていることが分かります。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
すふぇのせらむすのかべの写真

(16)スフェノセラムスの壁(すふぇのせらむすのかべ)

傾いた地層の表面には、約8,500万年前の二枚貝化石「スフェノセラムス」をはじめ、アンモナイト、そしてクモヒトデの休息痕や海底を這い回った多様な生物の痕跡化石(生痕化石)を観察することができます。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
ごしょうらまえじまのちそうとかせきの写真

(18)御所浦前島の地層と化石(ごしょうらまえじまのちそうとかせき)

前島は様々な地質現象が見られます。東海岸には天草地域で最も古い(※)花崗閃緑岩(かこうせんりょくがん)が、姫浦層群(ひめのうらそうぐん)に覆われています。また、西海岸ではアンモナイトなどの化石がよく見つかり、化石を保護した露頭「(※)イノセラムスの壁」があります。 ※花崗閃緑岩:マグマが地中深いところでゆっくりと冷え固まってできた岩石。
※イノセラムス:白亜紀に生息していた二枚貝の一種。
【所在地】天草市御所浦町
【天草誕生のストーリー】第1章
いくさがうらかいがんきょうりゅうかせきはっけんちの写真

(21)軍ヶ浦海岸恐竜化石発見地(いくさがうらかいがんきょうりゅうかせきはっけんち)

約7,500万年前の植物食恐竜の足跡と歯が貝類化石とともに発見されています。天草西海岸に分布する姫浦層群(ひめのうらそうぐん)では、当時陸上に近い環境があったことが分かります。今後も、重要な化石の発見が期待できる場所として調査を進めています。
【所在地】天草市天草町
【天草誕生のストーリー】第1章