天草のジオサイトをめぐってみよう。
これまでご紹介してきた天草のジオサイトは、実際に目で見て、ふれて、五感で感じることによって、その壮大な地球の営みを実感できるもの。天草のすばらしさをもっと多くの人に感じてもらえるよう、天草ジオパーク推進協議会ではさまざまな取り組みを行っていきます。


ジオツアーガイドについて

天草にあるすばらしい資源について、より多くの人たちに見て、ふれて、感じてもらえるよう、魅力的なツアープログラムをつくっていきます。そのジオツアーを案内するガイドについては、天草各地にあるガイド協会などを中心として、地質・地形、生態、文化、歴史など、学術的な説明を含めて育成に取り組んでいます。

■御所浦ジオツーリズム ガイド

御所浦ジオツーリズム ガイド

約1億年前の化石が発見されたことから「恐竜の島」として知られる天草・御所浦。中生代白亜紀から約4,700万年前の新生代古第三紀の地層に、恐竜とほ乳類をはじめとする豊富な化石を産出する地域です。御所浦白亜紀資料館、御所浦ジオツーリズムガイドの会が中心となって、ジオツーリズム受け入れを積極的に行っています。


■その他のガイド団体

●天草宝島案内人の会(本渡エリア)

●牛深観光ガイドの会(牛深エリア)

●御所浦ジオツーリズムガイドの会(御所浦エリア)

●苓北観光ふれあいガイド協会(苓北エリア)

●上天草市観光(上天草全体エリア)



ジオサイトの保護・保全/安全上の注意

各地域に点在するジオサイトは、地球の営みを体感できる貴重な資源です。天草ジオパーク推進協議会では、観光客・見学者に対してジオサイトを開放するとともに、保護・保全活動にも取り組みます。また、安全対策のためのガイドラインづくりについても進めていきます。

■安全上の注意点

安全上の注意点

ジオサイトの中には、沿岸や山中など足元が悪い場所があります。運動靴など歩きやすく、すべりにくい履き物と、動きやすい服装ででかけることをおすすめします。安全に配慮することもジオサイトを楽しむコツです。


拠点・サテライト施設の紹介

天草の自然について体験学習できる3つの施設。これらの施設を中心に、ジオパークの情報を発信していきます。


天草市立御所浦白亜紀資料館

天草市立御所浦白亜紀資料館

恐竜の化石が発見されたことをきっかけに、平成9年7月に開設した資料館。日本最大級の肉食恐竜の歯化石をはじめ約1,000点を展示。 [住]天草市御所浦町御所浦4310-5
[問]0969-67-2325
[料]大人200円 高校生150円 小中学生100円
[開]8:30~17:00
[休]月曜(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3 [HP]http://gcmuseum.ec-net.jp/
天草ビジターセンター

天草ビジターセンター

天草の自然や歴史などを、ビデオや展示物で紹介する施設。海辺の生物を観察する「干潟の観察会」や「海ホタルの観察会」などが行われています。 [住]上天草市松島町合津6311-1
[問]0969-56-3665
[料]無料
[開]9:00~17:00
[休]火曜(祝日の場合は翌日)
[HP]https://
www.facebook.com/amakusa.visitor.center/
熊本県富岡ビジターセンター

熊本県富岡ビジターセンター

富岡城の本丸跡に整備された施設。雲仙天草国立公園の自然や、周辺地域の歴史・文化・環境などについての情報を発信しています。 [住]天草郡苓北町富岡字本丸2245-15
[問]0969-35-0170
[料]無料
[開]9:00~17:00
[休]水曜(祝日の場合は翌日)
[HP]http://www.tomioka-visitor.ecnet.jp/