天草の地下資源をめぐるドライブ

1億年もの長い間刻まれた大地の記録は、良質な石炭や、天草陶磁器という伝統工芸、人々の疲れを癒す温泉など、地域で暮らす人たちにさまざまな恩恵をもたらしてきました。天草の産業の移り変わりについても学べるドライブコースです。

  • 烏帽子坑跡烏帽子坑跡(えぼしこうあと)
  • 下田温泉下田温泉(しもだおんせん)


コースマップ


コースマップ

コースマップ内の各ポイントについては、下の表でご案内しています。


コースの流れ

①牛深炭鉱
烏帽子坑跡
海上にぽっかりと口を開けている炭鉱跡。間近で観察するには、船舶の利用がおすすめです。
②魚貫炭鉱遺構 天草でも規模の大きな炭鉱跡。このあたりでは、炭鉱遺構の他にも採炭遺構が多く残されているので探してみましょう。
③下田温泉 大地からの贈り物、下田温泉。泉質は国民保養温泉地にも指定されているほど良質です。別名「白鷺温泉」と呼ばれ、温泉街には温泉神社もあります。
④天草陶石の
露頭
質、量ともに日本一といわれる「天草陶石」。中新世の火山活動によって陶石化したものです。
⑤志岐炭鉱石
碑台座
天草地域最大規模の炭鉱。そこに残される台座は、炭鉱入場門の安全祈願鐘の土台だったもの。