11月も出前授業を行いました!
その時の様子をまとめてご紹介します。
まずは龍ヶ岳小学校。
龍ヶ岳小の近くには2か所のジオサイトがあり、6年生の皆さんが見学をしました。
1か所目は「高戸の白亜紀化石」。

場所は高戸海水浴場の先、和田の鼻です。
砂岩と泥岩の違いと、そのためにできた地形について解説しました。
2か所目は少し歩いたところにある「椚島のアンモナイト産地」。

海岸に降りてリップルマーク(波のあとが岩に残ったもの)を観察しました。

2か所とも化石探しをしましたが、みんなすぐに発見することができましたよ~

さらに今回は初めての試みとして、海岸から戻るときにみんなでゴミ拾いをしました。
結果は、45リットルのポリ袋2枚がパンパンに!(゚Д゚;)

ほとんどのゴミは海から流れ着いた物のようでしたが、今回拾ったゴミはもう海に戻ることはありません。
ゴミ拾いにご協力いただき、ありがとうございました!

次に紹介するのは、倉岳小学校の6年生です。

天草の地層と石の成り立ちを学習することができる、石の標本づくりの授業を行いました。

倉岳小の皆さんは、理科の授業でかなり詳しく学んでいたようで、こちらが説明したことに対して「それは違うんじゃない?」という反応も・・・
講師の学芸員もたじたじでした(^_^;)
後日心のこもったお手紙もいただきました!\(^_^)/


最後に紹介するのは、楠浦小学校の5年生と6年生です。
楠浦小の近くには、文化サイト「楠浦の眼鏡橋」があります。

ということで、眼鏡橋の見学をしました。

なぜ橋を架けるのにこの場所が選ばれたのかや、石組みの方法などの解説に対して、熱心に耳を傾けてくれました。
見学の次は、体育館で石の標本づくりの授業。

授業が終わった後には「楽しかったです」と言ってもらえて、とてもうれしかったです!

出前授業の依頼は随時受け付けています。
理科の授業に、社会科の授業に、授業でなくクラブ活動でもご利用いただけます。
また、見学支援事業も引き続き募集中です。
「地層や化石を見学したいけど、バス代が負担になる・・・」というときに、是非ご利用ください!
詳しくはお知らせのページをご覧ください。

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)