2012年に天草市御所浦町で発見された魚の化石について、本日、天草市役所で記者発表が行われました。
記者発表の写真

【左から中村五木天草市長・発表者の藪本美孝博士・御所浦白亜紀資料館の学芸員】
記者発表の写真
「魚の化石がそんなに珍しいの?」(・・?
なんて思われるかもしれませんが、な~んとこれが世界的な発見なのです!
頭部分の化石の写真

【頭部分の化石】
尾の部分の化石の写真
【尾の部分の化石】
復元画単体制作山本匠
【復元画(制作:山本匠)】
約8,500万年前に生息していたイクチオデクテス目という種類の魚ですが、海に住んでいたこの種類の魚はアジアでは初めての発見!
学名は「アマクサイクチス・ゴショウラエンシス(Amakusaichthys goshouraensis)」と名づけられました。
アマクサイクチスとは、「天草の魚」という意味だそうです。
世界的に通用する学名に「天草」と「御所浦」が入っちゃった(゚Д゚;)
もうひとつ、びっくりな発見がありました。
発見時の露頭の写真

【発見時の露頭】
この魚、工事現場から複数の個体が折り重なるような状態で見つかりました。
白亜紀の時代の海の魚が、群れのような状態で見つかるのは世界でもまれなことだそうです。
推定体長は60cmとやや大きめ。
昔の天草の海にはこんな魚がたくさん泳いでいたのかもしれないんですね~(どんな味だったんだろう( *´艸`))
残念ながら、このイクチオデクテス目の魚は白亜紀に絶滅してしまい、現代は生きている姿に会うことはできません。
復元画群れ制作山本匠

【復元画(制作:山本匠)】

泳ぐ姿は想像するしかありませんが、この化石の本物に会うことができます!
明日22日(土)から御所浦白亜紀資料館で一般公開します。
ぜひぜひ連休は資料館へお越しください!
☆詳細は御所浦白亜紀資料館のホームページで!☆

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)