今週、牛深東小学校6年生が、見学支援事業を利用して「見どころ」サイトの見学を行いました。
見学支援事業とは、天草ジオパーク推進協議会の選定する「見どころ」を見学する際の交通費などを助成する、学校向けの事業です。
見学地は、苓北町の「天草陶石採石跡の露頭」です。
ここは木山陶石さんが以前採石をしていた場所で、天草ジオパークの解説板を設置しています。
☆「天草陶石採石跡の露頭」について、詳しくはこちら。
牛深東小では先月陶器づくり体験を行い、その関連で天草陶石の学習をするため、この場所を見学したいということでした。
見学の様子の写真
暑い中、みんな熱心に話を聞いたり、メモを取ったりしました。
あまくさとうせきさいせきあとのろとうの写真

【「天草陶石採石跡の露頭」】

さて、今回は少し変則的な授業形態にしました。
いつもであれば、先に教室で天草ジオパークに関する授業を受けてもらってから、見学地に行くというのが通常のパターンですが、
今回は学校側から「天草陶石の勉強をしたい」とピンポイントでリクエストがありましたので、見学の後に「石の標本づくり」の授業を行いました。
「石の標本づくり」は天草で産出される石とその成り立ちを学ぶことができるプログラムで、この標本の中に「天草陶石」と、天草陶石と同じ種類の「天草砥石」が含まれています。
標本に使う石は今回の見学地から近い場所で調達しているので、ついでと言っては何ですが・・・
石拾いの様子の写真
皆さんに天草陶石と天草砥石を拾ってもらっちゃいました(゚∀゚)

学校に帰って、今度は標本づくりの授業。
授業の様子の写真

授業の様子の写真
お気に入りの石を標本にすることができたでしょうか。
授業中は質問もたくさんありました。
今回の授業で天草の大地や石について、少しでも興味を持ってくれたらうれしいです。

当協議会では見学支援事業だけではなく、出前授業の依頼も受け付けています。
学校活動であれば、授業に限らず部活動等での利用も可能です。
ぜひ利用をご検討ください。
☆詳しい案内はこちらをご覧ください。

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)