今日は、小学校で行った出前授業を紹介します。


まずは、教良木小学校の授業から。

教良木小は、見学支援事業を利用し、御所浦を見学しました。

見学前の事前授業の様子がこちら。

教良木小1

3・4年生のクラスでしたが、この後見学する御所浦のことを、目を輝かせながら聴いてくれました。

この2週間後に、御所浦白亜紀資料館とジオサイトの見学をしました。

教良木小2

このほかにも伝馬船の乗船や、ロープワークの体験学習も行ったそうです。


次に紹介するのは本渡北小学校です。

本渡北小は、6年生の理科の授業での利用でした。

現地見学はせずに出前授業だけ、ということで、授業の内容は教良木小のような見学支援事業とは違います。

本渡北小1

天草で産出される石についての授業です。

6年生は理科で地層と石についての学ぶので、とても関心を持ってくれたようです。

また、修学旅行で訪れる長崎グラバー園にも天草の石が使われている、という説明があったときには「おおー」という声も。

本渡北小2

この授業は、説明を聞くだけではなく、石の標本づくりのワークショップとなっています。

8種類の天草産の石と化石の解説を聞きながら、本物の石(化石はレプリカ)を天草の地図に貼り付けていきます。

それぞれの石の色味や手触りが違うことを実感してもらえたはずです。


ちなみに、この石は当協議会の職員が拾って集めたものです。(もちろん拾っても問題ない場所で集めています)

石拾い

ちょうどいい大きさの石をしゃがんで集めるのは、地味ながらも大変な作業でした。(^^;)


今回紹介した学校以外でも、授業を行っていますし、これから行う予定の学校もあります。

まだまだ授業の申請を受け付け中です!

授業や部活動などでご利用ください。

☆「ジオサイト見学支援事業」の案内はこちら

☆「出前授業」の案内はこちら

(当HPの「お知らせ」に移動します)

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)