天草ジオパーク推進協議会では、学校の活動でジオサイトを見学するときの交通費(移動費用)の助成を行っています。

今回は牛深東小学校の授業を紹介します。


牛深東小学校は3年生の総合学習での利用でした。

見学したジオサイトは、苓北町の「富岡の砂嘴・砂州」と、天草市本渡の「祗園橋」です。

講師は、当協議会の学芸員を派遣しました。


午前中から苓北町の見学してきた皆さんは、昼食の後、本渡にやってきました。

バスでの移動だったので、祗園橋の近くの天草文化交流館でバスを降りました。

そこから祗園橋に行くかと思いきや・・・

牛深東小1

まずは八坂神社の勉強から。

牛深東小2

そして階段を下りて祗園橋へ。

牛深東小3

祗園橋ではじっくりと橋を観察しながら、解説を聞きます。

ちょうど潮が引いていた時間帯で、川底の岩盤も眺めることができました。

橋脚の向き(角度)が上流側と下流側で違うとか、久玉町の眼鏡橋との石材の違いとか、そもそもなぜ町山口川のこの場所に祇園橋が架けられたのか・・・

引率した先生も、大きく頷かれていました。

牛深東小4 牛深東小5

橋を渡ってさらに解説、質疑応答。たくさんの質問が飛び交いました。

牛深東小6

学校に帰ってから上手にまとめることができるかな?


当協議会では、見学支援事業や出前授業の申請を、随時受け付けています。

派遣する講師の都合もありますので、申請をお考えの学校は早めにご相談いただけるとありがたいです。

授業や部活動などの学校活動でご利用ください。

☆「ジオサイト見学支援事業」の案内はこちら

☆「出前授業」の案内はこちら

(当HPの「お知らせ」に移動します)


コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)