先日天草小学校の4年生が、学校の授業で妙見浦の見学をしました。

今日はその時の様子をご紹介します。


まずは見学に先立って、事前の授業。

通称「象さん岩」の詳細な形や、どのようにして風光明媚な景色ができたのかを解説しました。

皆さんメモを取りながら、熱心に聴いてくれました。


見学日当日は、まず離れたところから象さん岩を観察しました。

この日は天気が良かったので、スケッチをしてみました。

美術やマンガのような描き方ではなく、特に地層に着目しながら、見たまんまを描いてもらいました。

スケッチの写真

このスケッチは、実際の地層と同じような傾きで線を引くことができています。


象さん岩がある海岸までは、車で行くことができます。(駐車スペースもあります)

今回はそこまで行ってみました。

象さん岩のお尻の方です。

実は遠くからじゃないと象の形に見えないんですね~。


砂州の部分を歩いて、岩の観察もしました。


この後は鬼海ヶ浦展望所でも地形の観察をしました。


今回は、象さん岩のところでゴミ拾いをしてもらいました。

ほんの10分ほどでしたが、約6kgもゴミが集まりました。

天草小学校の皆さん、本当にありがとうございました!

せっかく拾ってもらったので、次回はどんなゴミがあったのかを簡単にレポートしたいと思います。

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)