「新和町でおっぱい岩を発見!ちょっと見に来て!」
と言われて駆け付けたのは、天草市新和町大宮地の『神掛けの滝』。

なんでも、地元の皆さんで清掃作業をしている時に、おっぱい岩らしきものを見つけたとのこと。
おっぱい岩と言えば、苓北町の海岸のコレ↓ですが、
おっぱい岩の写真
「山の中におっぱい岩?」と思いつつ現地へ。
実は天草ジオパーク推進協議会としても、「天草の滝を調査したいな~」と考えていたところで、神掛けの滝にも目星をつけていたので、お声かけいただいたのはナイスタイミングでした(^^♪
ということで長靴はいて、いざ出発!
道路にわかりやすい案内板もあり、登山口までは車でなんなく行くことができます。

ここで車から降り、杖をお借りしました。
今回の調査隊は、地元の皆さん、新和町の地域おこし協力隊、市役所新和支所の職員、御所浦白亜紀資料館の館長、そして学芸員と私です。
山の中なのである程度は覚悟していましたが・・・
これは・・・

なかなか・・・

なかなか険しいぞ!
道はあるのですが、急な坂道&ゴツゴツの岩&もさもさの落ち葉。
神掛けの滝は観光マップにも載っている場所ですが、訪れる際はそれなりに準備していくことをおススメします。
途中、一か所だけ川を渡りました。

この日は問題ありませんでしたが、大雨の翌日などは増水して渡れないこともあるそうなので、注意が必要です。
道沿いには、炭窯の跡が2か所もありました。
草で覆われていますが、石積みの跡が分かります。

古いものですが、看板もあるので道に迷うことはありません。
以前は「寒掛けの滝」と呼ばれていたようですね。

なんと、貝の化石も発見!
神掛けの滝8
と思ったら、地元の人は化石があることを以前からご存知でした。
この辺りの地層は、海で堆積した地層が隆起して陸地になったもので、山の上で貝の化石を見つけることができるそうです。
なんでも昔は、子どもが滝の周辺で化石拾いをしていたとか。
「子どもがこんな山奥に来てたの(;゚Д゚)」とびっくりしたのですが、滝には地蔵が祀られており、年に一度のお祭りのために老若男女この道を登っていたということでした。
現在は祭りは行っているものの、大人たちだけしか参加しないとか。(ちょっと寂しい・・・)
そんな地元の人の話を聞きながら、がっつり登ること30分。
ついにたどり着きました!

写真では分かりにくいですが、前日に雨が降っていたということもあり、なかなかの水量です。
お話に聞いたとおり、滝の左奥に地蔵も祀られていました。



涼しくて神聖な雰囲気です。実際、夏でも涼しいそうです。
晴れた日には木漏れ日が差し込んで、滝に虹がかかるとか。
そして肝心のおっぱい岩は、これ。



確かにおっぱいの形をしてます。

真下から撮影。ふくらみが分かります。
一息ついて、同行した学芸員の解説がありました。

海の地層がどのようにして盛り上がったのか。
実はこの辺りの岩は、下浦石と同じ石(砂岩)であるとか。
おっぱい岩はどのようにしてできたのか。
ちなみに、おっぱい岩の解説だけ簡単にしますと、砂岩が<偶然>均等に丸く風化して、今の形になったんだそうです。
たまたまでこのような形になるのも、それはそれで何だか不思議な気もします。
(苓北町のおっぱい岩は別の成因だと言われています)
せっかくここまで来たので、滝の裏にも回り込みました。

滝の裏から撮影。

ここがなかなか狭い!すべりそう!ということで、滝の裏まで行くときは特に注意してください。
迫る岩肌もなかなか迫力があります。

興奮冷めやらぬまま、帰路につきました。
行きは急な登り坂ということは、帰りはもちろん急な下り坂(×o×)

お借りした杖がとても役に立ちました。
「気軽に行ける」とは言えませんが、登山のつもりで準備すればきちんと行くことが出ます。
地元の方も、多くの人に訪れてほしいと思っている場所です。
天草の自然の雄大さを感じてみませんか?!

先月24日に、本渡の銀天街で開催されたイルミネーション点灯イベント。
こ~んなにたくさんの人で賑わいました。

クリスマスツリーコンテストには、天草ジオパーク推進協議会からアンモナイトツリーを出展しました。

根元には雪を模した白い石を置いています。

もう、見ていただけましたか?
色塗り用に29個の袋入りアンモナイトをつるしていましたが、だいぶ数が少なくなりました。

お持ち帰りいただいたみなさま、ありがとうございます!
(できれば、また飾っていただけるとうれしいな~)
あと少し残っていますので、まだの方はぜひ飾り付けにご参加ください。
ちなみに、このツリーの展示会場の「クリスマスツリーの森」(ひらやま本店)ですが、

オープニングの日よりもツリーが増えています。
どうやら後から追加でツリーを置いているようです。
初日しか見ていないという方は、ぜひもう一度会場へGO!

本渡以外でも各地でイルミネーションが点灯されています。
明日8日(土)からは、御所浦でも始まります。
御所浦白亜紀資料館と天草ジオパーク推進協議会の共同でツリーを展示しますので、こちらもお楽しみに(^^)
明日はマーケットやイベントもあるみたいですよ~

11月も出前授業を行いました!
その時の様子をまとめてご紹介します。
まずは龍ヶ岳小学校。
龍ヶ岳小の近くには2か所のジオサイトがあり、6年生の皆さんが見学をしました。
1か所目は「高戸の白亜紀化石」。

場所は高戸海水浴場の先、和田の鼻です。
砂岩と泥岩の違いと、そのためにできた地形について解説しました。
2か所目は少し歩いたところにある「椚島のアンモナイト産地」。

海岸に降りてリップルマーク(波のあとが岩に残ったもの)を観察しました。

2か所とも化石探しをしましたが、みんなすぐに発見することができましたよ~

さらに今回は初めての試みとして、海岸から戻るときにみんなでゴミ拾いをしました。
結果は、45リットルのポリ袋2枚がパンパンに!(゚Д゚;)

ほとんどのゴミは海から流れ着いた物のようでしたが、今回拾ったゴミはもう海に戻ることはありません。
ゴミ拾いにご協力いただき、ありがとうございました!

次に紹介するのは、倉岳小学校の6年生です。

天草の地層と石の成り立ちを学習することができる、石の標本づくりの授業を行いました。

倉岳小の皆さんは、理科の授業でかなり詳しく学んでいたようで、こちらが説明したことに対して「それは違うんじゃない?」という反応も・・・
講師の学芸員もたじたじでした(^_^;)
後日心のこもったお手紙もいただきました!\(^_^)/


最後に紹介するのは、楠浦小学校の5年生と6年生です。
楠浦小の近くには、文化サイト「楠浦の眼鏡橋」があります。

ということで、眼鏡橋の見学をしました。

なぜ橋を架けるのにこの場所が選ばれたのかや、石組みの方法などの解説に対して、熱心に耳を傾けてくれました。
見学の次は、体育館で石の標本づくりの授業。

授業が終わった後には「楽しかったです」と言ってもらえて、とてもうれしかったです!

出前授業の依頼は随時受け付けています。
理科の授業に、社会科の授業に、授業でなくクラブ活動でもご利用いただけます。
また、見学支援事業も引き続き募集中です。
「地層や化石を見学したいけど、バス代が負担になる・・・」というときに、是非ご利用ください!
詳しくはお知らせのページをご覧ください。

サンタの聖地天草。
今日から天草各地でイルミネーションを楽しむことができます。
✳︎イベントの詳細は天草宝島観光協会のウェブサイトでご確認ください✳︎
(本渡地区以外のイルミネーションは12月からです)
そのオープニングを飾るのが本渡地区。
銀天街で本日午後3時から、オープニングイベントが開催されます。
ここ2日程、銀天街には巨大なシャンデリアが取り付けられていました。
2018サンタ通り1
そして今年もクリスマスツリーコンテストに、天草ジオパーク推進協議会からも出展します!
2018サンタ通り3
前回に引き続き、飾り付け参加型のツリーです。
袋に入った白いアンモナイトに、みなさんで色を塗って、また飾ってください。
2018サンタ通り5
限定29個!
目印はてっぺんのアンモナイトです!
2018サンタ通り4
会場はひらやま本店です。
2018サンタ通り2
銀天街には、他にも楽しそうなコーナーの準備が進められていましたよ(^^)
2018サンタ通り6

御所浦地区のイルミネーションにも、御所浦白亜紀資料館と共同でクリスマスツリーを出展します。
こちらもどうぞお楽しみに〜

先週の土曜・日曜に、益城町で開催された「くまもとキッズミュージアムin益城」に、体験ブースを出展しました。
このイベントでは、県内の博物館が一堂に会して、古銭づくりや鉱物探しなど様々な体験をすることができました。
そんな中、天草ジオパークのコーナーで体験することができたのが、こちら!
キッズミュージアムの写真
化石レプリカづくりです。
「え〜いつものじゃん」と思った人もいるかもしれませんが、これがなかなかの大人気。
会場に入って、一直線に天草ジオパークのコーナーに向かって来る子もいました。
触ることができる化石コーナーも準備しました。
キッズミュージアムの写真
大人も子どもも、化石の解説を熱心に聞いてくれました。
さらに今回は初めての企画、古生物ぬりえコーナーも作りました。
キッズミュージアムの写真
今年9月に記者発表した、白亜紀の新種の魚「アマクサゴショウラムカシウオ」のイラストです。

*「アマクサゴショウラムカシウオ」の詳細は、御所浦白亜紀資料館のウェブサイトをご覧ください。
この魚は現在は絶滅したので、本当の色は分かりません。
みんな思い思いの色にぬっていました。
キッズミュージアムの写真
キッズミュージアムの写真
実は今回初めての参加だったので、どのくらい来場者がいるのか不安だったのですが、実際は目の回る忙しさでした。
(本当はお客さんが多いときの写真を撮りたかったのですが、とてもそんな余裕はなかった・・・ありがたや^ ^)

さて、益城町で大盛況だった化石レプリカ作り。
なんと、明日17日(土)とあさって18日(日)に、天草で体験することができます!

「平成30年度電気のふるさと 苓北町産業文化祭」
にご来場ください!
苓北町産業文化祭は苓北町の各会場で開催されます。
天草ジオパークのブースは、農村運動広場の特設テント内です。
たくさんのご来場、お待ちしていま〜す!
*苓北町産業文化祭の公式ウェブサイトはこちら(苓北町役場のサイトへ移動します)

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ ]      96件中 16-20件