すっかり寒くなりましたが、天草ジオパークは元気にお出かけしますよ!


まずは、今週末2月3日(日)開催の「第27回下浦町ふるさと祭り」。

毎年この時期に開催されるイベントですが、ステージショーあり、餅投げあり、くまモンありで毎回大賑わいです。

天草ジオパークは下浦石の展示を行います。

場所は下浦運動広場。

ぜひご来場ください!

イベントの詳細は、「ひょっこりポンカン島(下浦コミュニティセンター)」のウェブサイトでご確認ください。

(画像クリックで移動します)

下浦町ふるさと祭りチラシ


次に、天草を飛び出して福岡のイベント情報!

2月9日(土)~2月10日(日)の「天草うまかもん&旅フェアーin福岡」に出展します。

このイベントへの参加も恒例となりました。

場所は福岡市役所本庁舎西側ふれあい広場。

化石レプリカづくりコーナーと、化石展示を行います。

(昨年のようす)

昨年は晴れたり雪が降ったりの天気となりました。

今年は暖かいといいな~。

お楽しみ抽選会もありますよ。


さらにさらに、今回は九州も飛び出して東京までいっちゃいます!

2月22日(金)~2月23日(日)「島の宝 観光と物産フェア」。

全国の島の魅力を発信する島の宝観光連盟。

連盟参加する天草・五島(長崎県)・壱岐(長崎県)・隠岐(島根県)・佐渡(新潟県)が、それぞれの島の自慢を持ち寄ります!

場所は東京シティアイパフォーマンスゾーン(KITTE地下1階)。

こちらでも、化石レプリカづくりと展示を行います。


最後に耳寄り(?)情報!

ご紹介した3つのイベントで、天草ジオパークのジオカードを配布します。

数量限定、先着順です。

(ノーマルカードのみの配布となります)

お楽しみに!

天草市倉岳町の国指定史跡『棚底城跡』で先週行われた、発掘調査の現場説明会に行ってきました。

棚底城跡はジオパークのサイトではないのですが、倉岳町といえば『倉岳山頂の貫入岩』や『棚底の石垣群とコグリ』を「見どころ」サイトとして選定しているので、歴史深い棚底城のことも勉強せねば、と出かけたわけであります。


☆『倉岳山頂の貫入岩』の説明はこちら

☆『棚底の石垣群とコグリ』の説明はこちら


入口はここ。

いきなりの山道(゚д゚)!

棚底城は山城で、敵に攻め込まれにくい場所に造られたので当然といえば当然か・・・

5分ほど急な坂道を登ると、開けた場所に出ました。

郭(くるわ)と呼ばれる場所で、城を守る武士たちがここで生活していたそうです。

棚底城にはこのような郭が8つあります。


さらに奥に進むと、こんもりした山が出てきました。

この場所が棚底城で中心となる場所だったそうです。

今回の発掘調査はこの(↓)写真右側の場所と、こんもり山の裏側で行われました。

棚底城跡の写真


発掘では、横堀の末端部が見つかりました。

この横堀の末端部と土塁のカーブの仕方が<割愛>非常に興味深い成果だったそうです。

(当日はもっと詳細な、わかりやすい説明がありましたよ(^^;))


他に発掘したところは、

「何もなし」という成果でした。

虎口(こぐち)という出入り口を想定して掘ったけど、そのような跡はなかったそうです。

お城の発掘もなかなか難しい(-_-;)


ところで、解説を聞きながら「長年調査してる割には発掘の跡が少ないな~」なんて思っていたのですが、ちゃんと埋め戻すんですね~。

(知らんかった)

今回調査した場所も、来週には埋める作業に入るそうです。


棚底城は誰でも見学可能です。

一年のうち数か月は発掘調査をしていますが、調査中でもそれ以外の期間でも、基本的にはいつでもOKです。

ポイントとなる場所には解説版もありますよ。

初めての人は道順が分かりにくいかもしれませんが、ルートはパンフレットで確認できます。

☆パンフレットはこちら→天草市のウェブサイトへ

汚れてもいい靴や長靴でお出かけになることをおススメします。

見どころいっぱいの倉岳・棚底。

皆さんも一度お出かけください~(^^)

あけましておめでとうございます。

今年も天草ジオパークをよろしくお願いします。


さて、今回はポルトの話を少し。

天草ジオパーク推進協議会の事務局がある、国際交流会館ポルトの1階ロビー。

WANIMAの”集合写真”に使われた車が置いてあることは皆さんご存知だと思いますが、

その向かい側に、天草ジオパークのコーナーがあるのはご存知ですか?!

あかいのぼりが目印です。

近づくとこんな感じ。

ジオパークコーナーの写真

パネルで「見どころ」を紹介しています。

気まぐれで交換しているので、銀天街にお立ち寄りの際は、チラッとご覧ください。( *´艸`)


実はポルトの2階にも同じコーナーがあるのです。

場所はエレベーターの目の前。

お時間のある方はこちらもご覧くださね~

クリスマスも過ぎ、年末の準備に追われる今日この頃ですが、各地のイルミネーションは毎晩きれいに点灯していますね(^^)

先日、やっと御所浦のイルミネーションを見ることができました。


じゃん!

御所浦イルミネーションの写真

御所浦港の目の前の公園です。

中央の巨大なクリスマスツリーのてっぺんには、「てらのくん」がいました。

御所浦白亜紀資料館のツリーも、公園から見ることができます。

じゃじゃん!

こちらのてっぺんには、卵から生まれる瞬間(?)のてらのくん。

公園のティラノサウルスも、首に赤いマフラーをかけて、クリスマス仕様におめかししていました。

ほかにも恐竜がたくさんいましたよ~

なんと空にはエイが飛んでいました!

さすが御所浦。一見の価値ありです。


さて、本渡の銀天街には、飾りつけ参加型のアンモナイトツリーを展示していました。

飾りつけに参加していただいたみなさま、ありがとうございました!

どれもカラフルな力作揃いです♪

手作りしたアンモナイトは、1月13日(日)までに、各自で回収をお願いします<(_ _)>


イルミネーションは、年明けまで点灯される予定です。

御所浦は1月10日(木)まで。

本渡は1月13日(日)まで。

年末年始もイルミネーションをお楽しみください。

それでは、よいお年を~

年末も押し迫った今日この頃。

12月にも出前授業の依頼がポンポンと舞い込み、小学校に出かけてきました。


まずは本渡北小学校6年生。

本渡北小は昨年に引き続いての授業です。

理科の先生からの要望で、少し化石の話を多めにしました。

また、本物のアンモナイトを、手に取って観察しました。

みんな興味津々。


次に紹介するのは坂瀬川小学校6年生。

こちらは2時間続けての授業でした。

1時間目は苓北町の「見どころ」について講義をしました。

毎年ペーロンの練習をしている場所が、「富岡半島の砂州と砂嘴」に囲まれているところだと知って、みんなビックリ。

次に富岡ビジターセンターに行ったときは、ぜひジオパークの目で観察してみてくださいね。

2時間目は石の標本づくりをしました。

先生も一緒に標本を作りました。


どちらの学校も、理科の単元「土地のつくりとはたらき」が終わった後での授業でした。

今回の授業は、教科書の内容とリンクする部分もあるので、「これまでの授業で習ったことがある」と、少しでも気が付いてくれれば嬉しいです。


☆出前授業のご依頼は随時募集しています!

詳しくはお知らせのページをご覧ください

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8  次へ ]      96件中 11-15件