先日、天草支援学校中等部で出前授業を行いました。
今回の授業は、見学支援事業の事前授業でした。

☆見学支援事業とは・・・学校活動(授業や部活動など)で、天草ジオパークの「見どころ」を見学する際の交通費等を助成する事業です。
この事業を利用する条件として、事前に当協議会の出前授業を受けていただきます。

見学予定の場所は苓北町の「見どころ」サイトです。
生徒の皆さんはジオパークや見学地のことを事前にしっかりと下調べしていたようで、授業をとても熱心に受けてくれました。
出前授業の様子の写真
授業の最後にはたくさんの質問がありました。
「白岩崎の岩はなぜ白いの?」や「富岡半島の地形はどうやって出来たの?」などなど。
もちろんその場でも回答しましたが、この後の現地見学でさらに理解が深まることと思います!
あとは当日晴れることを祈るばかりです(^^)

☆天草ジオパーク推進協議会では、見学支援事業を随時募集しています。
もちろん、出前授業だけの依頼も受け付けています。
どしどしご利用ください!
詳しくはこちら(お知らせのページに移動します)

イベントのお知らせです!
10月21日(日)に、天草イルカラボ主催で、イルカに関するシンポジウムが開催されます。
場所は五和漁村センターです。
ゲストはイルカの世界的スペシャリスト、ディーン・バーナル氏。
天草に定住するイルカについていっしょに考えてみませんか?
同時通訳もありますよ~
入場無料ですが、事前申し込みが必要です。
天草イルカラボ設立記念シンポジウムチラシの画像

【画像クリックで、天草イルカラボのウェブサイトに移動します】


実は同じ日にもうひとつイベントが・・・
10月21日(日)「第2回ONSENガストロノミーウォーキングin上天草」が開催されます。
ゴール地点の宮津海遊公園(道の駅上天草さんぱーる)で、天草ジオパークを紹介するブースを出展!上天草の化石や石を紹介します。
展示の時間は12時30分ごろから15時ごろの予定です。
ウォーキングに参加する方、お近くにお立ち寄りの方は、ぜひテントを覗いてみてください。
※ウォーキングの参加申し込みは締め切られています。
ガストロノミーウォーキングのチラシ画像

【画像クリックで、上天草市のウェブサイトに移動します】


☆11月もイベントがいっぱい!
11月10日(土)~11日(日)「くまもとキッズミュージアムin益城」
県内各地の博物館が益城に集合!
いろいろなワークショップが体験できます。
天草ジオパーク推進協議会と御所浦白亜紀資料館から、ぬりえと化石の型どり体験のプログラムを提供します。
事前予約は不要。当日お気軽に会場にお越しください。
会場:益城町交流情報センター ミナテラス

11月10日(土)~11日(日)「サイエンスアゴラ2018」
サイエンスアゴラとは、科学と社会を結びつけるオープンフォーラム。
日本ジオパークネットワークが出展するブースに、天草ジオパークも参加します。
毎年来場者に大人気のプログラム「世界に一つの岩石標本制作」。
本物の岩石を使って、石の標本を作ります。
会場:東京お台場 テレコムセンタービル

11月17日(土)~18日(日)「苓北町産業文化祭」
天草ジオパークのブースを出展します。
本物の化石の展示と、子ども向けの体験ワークショップを行う予定です。
皆様のご来場をお待ちしております!

有明東保育園からのご依頼で出前講座を行いました。
参加者は保育園の先生たち。園児がお昼寝している間の講座となりました。
出前講座のようすの写真
テーマは「天草の自然災害と防災」。
地質学や気象学の観点から、天草でよく見られる自然災害の発生メカニズムや、防災対策の重要性を講義しました。
皆さん熱心に聴いていただき、防災教育の重要性を実感されていたようすでした。

天草ジオパーク推進協議会では、一般の団体向けにも出前講座を実施しています。
「天草の自然災害と防災」は人気のテーマです。
もちろん、「天草ジオパークについて一から知りたい」というご要望にもお応えします。
職場の研修や地域の集まりでご利用ください。

2012年に天草市御所浦町で発見された魚の化石について、本日、天草市役所で記者発表が行われました。
記者発表の写真

【左から中村五木天草市長・発表者の藪本美孝博士・御所浦白亜紀資料館の学芸員】
記者発表の写真
「魚の化石がそんなに珍しいの?」(・・?
なんて思われるかもしれませんが、な~んとこれが世界的な発見なのです!
頭部分の化石の写真

【頭部分の化石】
尾の部分の化石の写真
【尾の部分の化石】
復元画単体制作山本匠
【復元画(制作:山本匠)】
約8,500万年前に生息していたイクチオデクテス目という種類の魚ですが、海に住んでいたこの種類の魚はアジアでは初めての発見!
学名は「アマクサイクチス・ゴショウラエンシス(Amakusaichthys goshouraensis)」と名づけられました。
アマクサイクチスとは、「天草の魚」という意味だそうです。
世界的に通用する学名に「天草」と「御所浦」が入っちゃった(゚Д゚;)
もうひとつ、びっくりな発見がありました。
発見時の露頭の写真

【発見時の露頭】
この魚、工事現場から複数の個体が折り重なるような状態で見つかりました。
白亜紀の時代の海の魚が、群れのような状態で見つかるのは世界でもまれなことだそうです。
推定体長は60cmとやや大きめ。
昔の天草の海にはこんな魚がたくさん泳いでいたのかもしれないんですね~(どんな味だったんだろう( *´艸`))
残念ながら、このイクチオデクテス目の魚は白亜紀に絶滅してしまい、現代は生きている姿に会うことはできません。
復元画群れ制作山本匠

【復元画(制作:山本匠)】

泳ぐ姿は想像するしかありませんが、この化石の本物に会うことができます!
明日22日(土)から御所浦白亜紀資料館で一般公開します。
ぜひぜひ連休は資料館へお越しください!
☆詳細は御所浦白亜紀資料館のホームページで!☆

ギャラリー四季の写真
【今年もプロバクトロサウルスがギャラリー四季にお目見え!】

御所浦白亜紀資料館の特別展「恐竜と今に生きる太古の生き物」は、9月2日をもちまして終了しました。
期間中は4,000人を超える入場者がありました。
特別展の写真
また、2回開催された夏休み化石セミナーも多数の方が参加されました。
夏休み化石セミナーの写真
【海岸での化石探し】
夏休み化石セミナーの写真
【化石クリーニング体験】
夏休みは御所浦に来ていただいたみなさま、ありがとうございました!
イベントの様子は、御所浦白亜紀資料館のウェブサイト、またはフェイスブックにも詳しく掲載されているので、ぜひご覧ください。

さて、特別展は終わりましたが、恐竜絵画コンテスト作品展はもう少し続きます。
御所浦まで見に行けなかったという人も、今度はぜひお立ち寄りください。
今日から、ギャラリー四季で開催です!
ギャラリー四季の写真
【1階は最優秀賞・優秀賞作品を展示】
ギャラリー四季の写真
【2階は佳作作品を展示】
プロバクトロサウルスも出張してますよ~

☆「第20回恐竜絵画コンテスト作品」「天草ジオパーク絵画・デザインコンテスト作品展」
とき:平成30年9月7日(金)~9月19日(水)
ところ:ギャラリー四季(天草市中央新町6-15 本渡中央銀天街内)
入館料:無料

[ 1 2 3 4 5 6  次へ ]      76件中 1-5件